イギリスがなぜEU離脱をしたいのか?調べてみました。

 
EU離脱 のコピー

なぜイギリスがEUを離脱したいのか調べてみました

今日も株価は下がってます!

含み損も増えてます!

新しい株を買う気持ちもありません・・。売れる株もありません・・。

というわけで、現実逃避するために今日はイギリスのEU離脱問題について学んでみたいと思います。

 

私にとっては全くノーマークだった

イギリスのEU離脱問題。

日銀政策決定会合や米国の利上げばかりを気にしてましたが、日銀政策などは結局国内だけの問題。

米国利上げは短期的には為替の乱高下に繋がりますが、利上げしてもしなくても日本企業に大ダメージを与えることがあるような要因ではないと思うのでそれほど心配はしていませんでした。

それに比べ、イギリスのEU離脱は・・

前例がないだけに世界経済にどのような影響を与えるのか、未知数で、実は一番市場に影響が大きい事柄なのでは?ということがだんだんわかってきました。

しかもポジティブな要因が見当たらないのが恐ろしいです。

イギリスにとってもEU離脱って世界経済から孤立しかねない問題だと思うのですが、なぜそこまでして離脱したいのか・・

それは

難民、受け入れ問題!

離脱したい理由はいろいろいわれてるようですが、おそらくこれが一番、というか間違いなく?これが一番の理由みたいです。

世界のニュースに疎い私としては、知らなかったことですが

EU加盟国は基本的には希望する全ての難民を受け入れることになっている!

そうです。

知ってて当たり前の事なのかもですが知りませんでした(笑)

単に国の好意で受け入れてるのかと思ってましたが義務だったんですね。

人道主義に基づいて難民を拒否してはいけないという法律があるようなので、守らなくてはいけないようです。

難民さんいらっしゃい!いくらでもウエルカム!!な法律

これってものすごい太っ腹な法律だと思いますし、そんなことして大丈夫?すごいねさすがEU加盟国だよ!

と思ったわけですが、結果的には大丈夫じゃなかったわけです。

 

難民ウェルカムでどう大丈夫じゃなくなるのか?

◆イギリス国民の税負担が重くなる!

難民の衣食住の費用負担は国の税金。

それほど税収入に余裕のある国でもないイギリスの税金が自分たちの生活のために役立つわけでもない難民さんたちの受け入れ費用になってしまう・・。

これもし日本だとしたら正直頭にきます。

難民受け入れたいから消費税10%にしまーす!っていわれたら暴動起しますよね。

そりゃぁダメだよって私でも思います。


◆国民の仕事が奪われる!

難民さんたちも仕事をしないと生きてけないわけですから、仕事をします。

難民が増えたから国内の仕事の量ががっつり増えるわけでもないので、そうなると本来国民に与えられるはずだった仕事が難民に奪われてしまいます。

自分たちは仕事を失って生活が困窮するのに難民は仕事をしてる!もし自分の家族が失業して、そのポストに難民さんが入ってきたら頭にきますよね。

難民なら安い給料で働いてくれるかもしれませんし、ちゃんと仕事をしてくれるなら安いほうが企業もいいはずですから。

あと、これはだいぶ前にテレビで見た事なのですが、学校問題。

子供が通うはずだった近所の学校が難民の子供を受け入れたら定員オーバーになってしまい、子供が入れなくなってしまった。

だから遠くの学校に毎日来るまで送っていかなければならなくなった。どうしてくれるんだ!!

これは日本だったらありえません・・。

学区内の公立の学校に義務教育期間なのに定員オーバーだから入れない。

2時間くらいかかる学校に自力で通ってくださいと言われたら学校に殴りこみたくなります。

なんか自分で書いててイギリス人の怒ってる気持ちがちょっとわかってきました。

 

◆治安の悪化!

これが一番不安かもです。

イギリスで難民による大規模なテロがあったという話はまだないと思いますが、

2015年11月のパリの同時多発テロやドイツで起きた集団暴行事件が起きたり、

今年になってからもスウェーデンの難民世話係りの女性が難民の少年に殺されるという事件もありました。

生活が不便になるだけでなく、命の危険にさらされる可能性が増える難民受け入れ・・ダメでしょ。

日本がもしEU並みに難民受け入れしまーす!って政府が言い出したらおそらく大問題なのでしょう。

言わないと思いますが人事じゃないですよね・・。

イギリス国民のEUを離脱して難民から解放されたい気持ちよくわかりました。

この事によって世界経済が混乱したとしても、自分たちの命と、目先の生活の確保ができるならEUなんて離脱しちゃえよって私もイギリス国民だったら思いますね。

 

現在離脱派が若干多い

そうです。

拮抗はしてるようなので、ここでEU側が難民受け入れの法律の改定を早急にします的な事をいえば国民の気持ちは残留に傾くと思います。

EUはイギリスに残って欲しいはずですし、イギリス国民だって難民問題がなければ別にEU残留でもかまわないんだぜ?と思ってるはずなので、なんとかならないんですかね?

運命の国民投票は6月23日!

怖いよ~!!

 

★いつも見てくださってありがとうございます!
応援のぽちっをしていただけたらうれしいです♪

 


に ほんブログ村

↓ランキングに参加中!ご協力お願いします!↓


女性投資家 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

4 件のコメント

  • わかりやすい解説ありがとうございます。
    英国の世論がユーロ離脱反対が大勢になると少しは株価も持ち直すのかな?
    今にして思えば、月曜に含み益があった銘柄は処分しておくべきでした。
    配当利回りが高い銘柄に入れ替えつつあったので長期ホールドしようと思ってたのに…
    株主優待関連ではハピネットの株主優待が届きました。ここの株主優待は微妙なんですが、中古買取価格が最も高いソフトをゲットしたので今日にでも売りにいこうと思います。せめて株主限定のグッズとかがあればと思います。

    • イギリスがそこまで難民嫌々だと思ってませんでした。実際大きな被害を受けたドイツとかフランスはいいのでしょうか?人道的な問題というのもわかりますが、実際事件は起きてますし治安は悪化しますし、日本に難民ウエルカムとなればきっと私も反対すると思います。イギリス国民の気持ちもわかるだけに複雑な心境ですが、経済混乱をまねきかねないEU離脱はやっぱりやめてほしいです。ハピネットはうちにも優待きました!去年もらったラジコンカーは息子があっちこっちに激突させあっという間に壊れました。今年はもういらないというので、同じラジコンカーをもらって近所のお子様にあげる予定です。クオカード追加してくれたらいいのに・・。2年くらい前からもってるので含み損が7万くらいあります。今年中に切るかもです^^;

    • ありがとうございます!私は絵は描けないのでコミポという漫画作成ソフトを使っています。簡単に漫画が描けるのでおもしろいですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA