2020年6月2週目まとめ ついに大きな下げ来ました!けれど金曜日で調整終了?

日経平均、木曜日から急落

ちょっとびびりました。

木曜日に652円下げて、翌日反発するかな?と思ったらダウが大暴落!

これはもう一発すごいのが来るぞ!と覚悟していたら終値で167円安と急激に戻して金曜日は終了となりました。

ずっと上がり続けていたので調整は入るだろうと思っていましたが、金曜日の予想外の戻しにこれで調整終了かな?との期待感も。

金曜日の夜はダウは大幅高だったので月曜日の暴落はなさそうです。

ただ、上げ幅縮めて終了しているようなので月曜日思ったほどの上昇はないかなと思っています。

 

気になるのは本日の東京のコロナ感染者数でしょうか・・。

一気に47人って、5月の連休前に戻っちゃった??

ホストと院内感染で半分以上を占めてるとのことなので市中感染が爆発的に増えたわけではないみたいですが、今週はホストクラブも通常営業に戻るとの事なのでとても心配です。

この状況で東京アラート解除してステップ3に移行しちゃってほんとに大丈夫なのでしょうか?

少し前まで自粛自粛と過剰なまでに危険を呼び掛けていた都知事が最近では感染者数が増えても楽観的な事ばかり言って、自粛じゃなくて自衛の時代ですと都民に丸投げ?

急に態度が変わったのは選挙が近いからなのかなんなのか・・。

オリンピック延期前と後でコロっと態度が変わったように、今度は選挙の影響で態度が変わったのかも?と思ってしまいます・・。

株価への影響はまだそれほどないと思いますが、夏になってもコロナの感染者が持続的に出ているようなら秋以降はかなり心配です。

 

持株の含み損

またしても70万円超。

先週は50万円以下になりそうでならなかったので、今週こそは!と思っていましたが、また増えてしまいました。

ただ、今週は配当がいくつかとデイトレ1つと利益もあったので、今後も微益目標でトレードできたらいいなとは思っています。

微益でも積み重ねが大切・・。

 

★いつも見てくださってありがとうございます!
応援のぽちっをしていただけたら嬉しいです♪

 

 


に ほんブログ村

↓ランキングに参加中!ご協力お願いします!↓


女性投資家 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

4 件のコメント

  • 私も金曜で調整終了したと思ってました…。ダウ先物が上がったと聞いて。
    ところがどっこい…今日もまだまだでしたね。
    私も順調に減っていた含み損がまた元に戻ってます。
    東京の感染者が増えてますし明日も厳しそうですね…。
    もう2番底はないのではという勢いだったので、上がりきる前に沢山買い増し(ナンピン)してしまい資金も無く…
    売りも買いもできず下がるのを見てるだけです…。
    せっかく益が出ていた株も元に戻り…
    益がある時に売っとけと毎回思うのですが、もうちょっと上がるんじゃないかとか、配当狙いだからせっかく安値で仕入れてるのに勿体ない、もうこんな安値にならないかも…と思ってたら、戻すし…。
    今度上がったら迷わず売るぞー。

    • 先週からの相場、ちょっと酷いですよね。
      月曜日が酷すぎでした。
      なんで下げてるの??って思いつつ、なぜ買えなかったんだろう(苦笑)
      昨日の爆上げもやり過ぎですね!

      東京の感染者は夜の街って毎日言ってますが、そう言って都民を安心させようとしているの逆効果な気がします。
      夜の街さえいかなければ大丈夫だよ!って言われてる気がしますし、気が引き締まりません。
      東京アラートも意味わからなかったし、夜の街の人間が夜の街から一歩も出なければいいんですけど、封鎖されてるわけじゃないですから感染広がらないのが不思議です。

      騰がると売れない、下がると慌てる、でも買えない!
      そんな感じです^^;

  • >少し前まで自粛自粛と過剰なまでに危険を呼び掛けていた都知事が最近では感染者数が増えても楽観的な事ばかり言って、自粛じゃなくて自衛の時代ですと都民に丸投げ?

    もう、国にも各都道府県にも休業補償のお金がない状態です、そしてそれにプラスして今年の税収は大幅減が予想されます。(消費税、法人税、所得税、株式の配当や譲渡益の源泉課税等々)

    なのに生活保護世帯は急増中です。

    もう経済が回らないと社会福祉の打ち切りや失業で自殺や犯罪による死亡者がコロナ数倍になる可能性が高くなってきます(アメリカでの暴動の拡大のような)

    よってワクチン出来るかどうかわからない今、一番の国の対応は結果論から言えば、台湾でもニュージーランドではなく、スウェーデンだったと歴史の教科書に書かれそうです。(結局、都市封鎖に強制自粛させたイタリアやスペイン、イギリスも普通にさせたブラジルも医療崩壊すれば結果論から言えば同じ結果です)

    しかし、中途半端に自粛の要請だけ行った日本の経済に与えた影響を考えれば、強制的に行った国々の経済への影響はは日本どころではない。(飲食なら50%減の日本に対してそれらの国は100%減ですから)

    私は今後を予測しますが欧州で強固な封鎖を行った国の2度目は決してないだろう、それは政府だけでなく国民の総意だたと思う。
    (もう一度行うのは経済の死に等しいと認識したはず、そして解除後すれば同じ結果になると大失敗の認識です)

    逆に中途半端なこと行ってる+政府の補償が他国に比べ厚い(あくまでも負担と受益の差です)日本は少し増えたらまた緊急事態制限でまた給付金貰って休業とか思ってるから甘い。

    もう各国の方針は医療崩壊させず、経済を回すです。

    批判殺到のスウェーデンの細菌の評価の高まりはそれを示唆してます。

    • 東京都は金銭的には余裕かましていましたが、さすがにやばそうですね。
      オリンピックも控えめにと言い出したのはコロナの事ももちろんあるでしょうが、お金もないのかも?と思ってしまいました。
      都知事もコロナには危機感持ってステイホームステイホームと過剰なまでに繰り返してたのに、手のひら返したように自衛してくださいになっちゃいましたし。
      感染者が増えてるのは夜の街だけだから大丈夫と言わんばかりにアラート解除にステップ3解除。迷走してる気がします。
      都民も首都圏の人間もハラハラしてますよ・・。
      一番憂鬱になってるのは医療従事者の方々かなと思ってますが、また感染者増えないといいですが。
      夏の間は大丈夫だと思いますが、今の意識のまま冬になると危険な気がします。

      経済が大事だってのはわかるんですが・・。
      やっぱりコロナになりたくないし、コロナで死にたくないし、難しいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください