大暴落キタ――(゚∀゚)――!! 一つ買って微益撤退。

ダウが1800ドル下げ?

さすがダウさん・・

騰がるときもすごいけど、下がるときはもっとすごい!

1800ドルの下落って尋常じゃありませんが、少し前に1000ドル以上の上げ下げ繰り返し2000ドル下げも見ているので、あ~ダウまた下げちゃったんだ・くらいの感じでした(苦笑)

日経平均も連れ安なのは仕方ないとしても日本市場に特に問題がないと思っていたので後場は戻すかなと思い、勇気を出して1銘柄買い。

でも持ち越す勇気がなくて大引け前に売っておきました。

売った銘柄は私の売値で終了。

月曜日は爆上げな予感(苦笑)

ちなみに今日のデイトレ銘柄、サムティでした。

配当良いので長期でも良いかもと思いつつ、年初来安値がもっと下なのでもっと安く買いたいと思ってしまった・・。

 

今日の結果

確定損益 +4,000円
現在の含み損 -728,630円(前日比-56,530円)
総資産前年末比 -680,846円
日経平均 22,305.48円(前日比-167.43円)

6月の損益 +12,878円

日経平均は一時700円近くの下げ。

でも終値は167円・・。

凄まじい乱高下でした。

金曜日なのによく戻したなぁとは思いましたが、ダウの下げた理由も経済の先行き不安とかいうあやふやなものだったので前回の大暴落よりはあまり不安感はありませんでした。

持株も一時はほぼ全面安で明らかに10万円以上含み損が増えていましたが最終的には5万ほど増加で許してもらえました。

でもまた70万超え・・。とほほ・・。

今週こそ50万切りを達成したかったのに増えるとか・・。

また100万コースだけは勘弁してほしいです。

 

東京アラートは解除そしてステップ3へ

よくわからないアラートでしたが、一応目安は下回ったとのことなので解除となったそうです。

それと同時にステップ3に移行して東京都自粛全面解除になるようです。

コロナは地味に増えてる中、クラスター率の高い業種も全て解除してしまうとは恐ろしい。

小池さんがこれからは自粛ではなく自衛でよろしくみたいに言っていましたが、自衛してる人は自粛期間中も最新の注意を払って自衛してると思うんですよね・・。

自粛期間中ですら自粛できてない人は自衛しろと言われても無理な気が・・。

すでに昼カラだかでクラスターが発生してるようですし、なんでやっちゃうのかなぁって思ったのですが、うちの自治会でもすでに狭い自治会館の中に10人以上が集まる●●大会の案内が来ていました。

参加者は御高齢者の方々。うちの母も含めみなさん70~80代。

1人でもコロナがいたら全滅ですよ!

それなのにイベントの開催の賛否の回覧がまわっていましたが、みなさん賛成に丸をつけていたので驚きです。

私は正直反対・・。

自治会の重鎮主催のイベントに口は出せませんし、私は参加しませんから何も言えないけど。

母が参加するようなので他人事じゃないんですけどね。

ここでダメっていうとこれから私も全く外出できなくなりそうですし、誰もコロナに感染してないことを願う事しかできません。

地元のイベントこれからどんどん増えそうですし、地味にクラスターが増えそう。

怖いよ・・。

 

★いつも見てくださってありがとうございます!
応援のぽちっをしていただけたら嬉しいです♪


に ほんブログ村

↓ランキングに参加中!ご協力お願いします!↓


女性投資家 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

6 件のコメント

  • 宿泊とか航空とか旅行会社とかインバウンド関連の業種は来年まで駄目みたいですよ。
    海外受け入れの第一弾が最速で9月からになるっぽく、最初はビジネス受け入れで、そこから一般受け入れまで1、2ヶ月はかかる見込みみたいです。
    そこまではほぼ売上見込めないでしょう。

    逆に決算出揃い始め、このコロナ禍でかなり多くの企業が大幅に増益しているってことにおどろいています。
    トランプじゃないですが、意外に輸入に出来るだけ頼らずジャパンファーストな小さなインフレ経済にシフトしってった方が良いのかも。

    • 海外からの受け入れ9月からも無理な気がします・・。
      日本は少し下火になってきて海外の状況まで気にならなくなってきましたが、世界ではコロナ患者がどんどん増えてるみたいですし、正直もう海外からのお客様ゼロにしてほしい!と思ってしまいます。
      そんなことしたら経済もまわらないですし、無理だとはわかっていますが、日本のコロナも3月あたりの海外からの帰国者からの感染が大きかったのでまたあの恐怖は味わいたくありません・・。
      ワクチンできるまで鎖国してほしいというのが正直な気持ちです。まぁ無理ですよね^^;

      決算はダメ決算やはり多かったですが、もっと大赤字だらけかと思ったらそうでもありませんでした。
      ただ、配当が無配やら減配やらでダメージはかなり食らいましたが・・。
      インバウンドはしばらく期待できないと思うので国内だけでうまく経済まわしていけるようになってくれたらなと私も思っています。
      飲食店混み始めていますし、内需ががんばってくれるかな・・。

  • こんにちは!
    久し振りのコメントになりますが、何時も話題豊富で楽しませていただいています。
    3月以降、保有株は塩漬け状態に甘んじていましたが、今月に入ってから売買を再開しています。
    ワークマンの利確で含み損を多少はカバーしましたが、パーク21の高値掴みが未だに響いています💦
    高配当狙いに絞っているので、昨日は私もサムティを1,320円で買増ししました(笑)
    長期保有の方針ですが、ゆりぴょんさんの様な思い切りも必要かもしれませんね
    コロナウィルスで暫くは株式相場も不安定でしょうが、お互いに自分の考えを信じて頑張りましょう

    • こんばんわ!お久しぶりです^^
      いつもブログを見ていただいてありがとうございます!
      昨年末から今年にかけて優待だけでなく高配当株に狙いを定めていましたが、買った株ことごとく減配されました・・。
      優待はそのまま。やっぱり優待万歳だと思いました^^;
      サムティは決算も悪くなかったんですよね。
      だから今の株価でも安いくらいだと思いましたし配当も良いですし、長期でもいける株だとは思ってました。
      でもびびりなので売りましたが^^;きっと騰がると思います!!
      ちなみにサムティは夫が長期目的で持っています。

  • もう売って保有してないのですが、マルコの議決の書類が来ました。
    第三号議案の増資に唖然、ここ前回413円で1300万株ほど増資して今は158円、しかも増資前に黒字化で増資期は最終大幅黒字(どっちも最終>>税引きだから特別利益←負の暖簾か?)でその後は最終がず~と赤字です。
    株主を完全に財布と勘違いしてる
    親会社は既に過去の嘘つき公募でもうできない
    金融機関とは前期黒字の約束でお金借りたから、借り入れ条件に抵触してるので借りれない
    (2019年5月15日から1年の70億のコミットメントラインも再延長してもらえなかった、借り入れの返済を前期多く行ってる)

    子会社増資で財務の良い子会社は株式交換、悪いところは突き放して自立。
    マルコの場合は財務いいから株式交換すれば優待も削減可能です。

    売っててよかったマルコ

    親のRIZAPも継続企業の前提に関する重要事象等で

    >2020年3月期において営業損失及び多額の当期純損失を計上し、2期連続で多額の当期純損失を計上しております。また、これにより、金融機関との間で締結した金銭消費貸借契約における財務制限条項に抵触している状況にあります。

    >財務制限条項への抵触に関しては、主な取引銀行からは、当社の事業計画を遂行していく限り、期限の利益喪失請求権の権利行使は行わないことについて承諾を得ております。

    要するに財務制限条項に抵触(借入時の条件をクリアできなかった、多分株主に赤字ならと一緒だと推測)したため通常ならその条件で貸したお金の一括返済要求も可能だがその要求を一時棚上げしますって事、ただ追加の融資は絶対できない(行って貸し倒れたら銀行の責任者が株主代表訴訟される可能性が高いから)

    後は増資しかない

    • マルコはライザップ最盛期に含み益が8万円もあったんですよね~。
      今思えば株価高過ぎだったわけですが、あの頃はもっともっとという気持ちがあって冷静じゃなかったんだなと今になって反省しています^^;
      ライザップも同じく・・。
      車が買えるくらいの含み益があった株が含み損に転落するなんて倒産する以外ないだろうと思っていたらまさか倒産寸前まで追いやられるとは^^;
      良い勉強になりました。
      増資はさんざん叩かれてますからね・・。今ここで増資したらまさに増死・・・。
      でも融資受けられないなら増資しかないのかな。
      といっても増資しても株価暴落するだけなので良いことなさそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください