お気楽主婦の株とアフィリエイトで生活!

お気楽主婦生活のための株とアフィリエイト!バージョン2!

ゆりぴょん使用、証券会社について

口座一覧_001

現在4社口座開設中 手数料比較表(現物取引)

株式購入金額 松井証券
(ボックスレート)
カブドットコム証券
(1約定ごと
GMOクリック証券
(1約定ごとプラン)
マネックス証券
(1約定ごと
10万円 0円 97円 95円(税込) 108円
20万円 324円 194円 105円(税込) 194円
30万円 324円 270円 260円(税込) 270円
50万円 540円 270円 260円(税込) 486円
100万円 1080円 1069円 470円(税込) ※1080円
(成行)

※ボックスレートは1日の約定代金合計により手数料が決定します。
※カブドットコム証券手数料:約定代金50万超(約定金額×0.09%+90円)×1.08(税込)
※マネックス証券は50万超~100万円以下の場合指値注文手数料1,620円

 

メインでの取引は松井証券

10万円以下のトレードは0円というのが魅力的です。

ボックスレート手数料が比較的安く、1取引ごとに手数料がかかるわけではないので、なんとなく安心してこまめにトレードできるのが気にっています。

長く使っているからか無料ツールも扱いやすいですし、一般信用が使えるので優待権利取りのクロス取引を逆日歩の恐怖におびえることなく出来るのが良いです。

◆松井証券の公式サイトはこちら

 

優待投資用にカブドットコム証券

一般信用対象銘柄が非常に多く、逆日歩リスクのないクロス取引ができるとのことで口座を作りました。

人気の一般信用対象銘柄は数に限りがあり、以前は早いもの価値でしたが、最近では抽選方式になってしまいました。

抽選になってからは一度も当たらず・・人気優待のクロス取引があまりできなくなってしまったのが残念です。

ただし、現物手数料が2015年11月4日からいっそう引き下げられ10万円超から50万円以下の現物手数料は主要ネット証券の中でも最低水準になりました。

普段のトレードでも十分お得な手数料となったのでメイン口座としても使いやすくなったと思います。

IPOの取扱いはそれほど多くはありませんが、100%完全平等抽選なのが魅力的です。

◆カブドットコム証券の公式サイトはこちら

 

手数料が超安いGMOクリック証券

手数料は他の証券会社と比較すると安さが際立ちます。

一般信用が使えなかったり、地方証券取引所の銘柄の取扱いがなかったり若干不便な事もありますが、一部のサービスを省いているかわりに安い手数料で提供できると以前会社の説明会で社長さんが言ってた気がします。

なので他の証券会社とうまく使い分ければ、非常に使いやすい証券会社だと思いますし、とりあえず口座は作っておくといいかもしれません。

GMOグループの株主優待で手数料がキャッシュバックされるサービスがあるのでそれを使うと取引量にもよりますが、ほぼ手数料なしでの取引も可能。

IPOの取扱いは少ないですが、GMOグループ上場の際は割り当て優遇があったり、それ以外も100%完全平等抽選なのでいろいろな面で重宝できそうです。

GMOクリック証券を詳しく知りたい方はこちらから

 

IPO用に申込みしたマネックス証券

まだ口座開設を申し込んだばかりで、未知の世界なのですが、IPOの取扱いが多く、IPOをやるならまず作ったほうが良いと言われている証券会社です。

IPOの抽選方法も100%完全平等抽選

普段の株取引においても手数料は決して高いほうではないので、資金に余裕があれば取引に使いたいところですが、たぶんIPO用以外に資金を回す余裕がないので、こちらはIPO専用としてしばらく使っていく予定です。

◆マネックス証券を詳しく知りたいかたはこちらから

以上4社が現在の私の扱っている証券会社ですが、今後IPOを始める上で以下の2社も今後、口座開設を予定しています。

 

今後IPO用として口座開設予定の証券会社

(2015年12月口座開設済)

 

SMBC日興証券

主幹事になることが多く、主幹事になるとIPOの割り当てが多くなるのでその分当選の確立があがるとのことです。

SMBC日興証券の場合ネット抽選にまわるIPO株は10%ほどと少ないようです。

でも、その分は100%完全平等抽選になるとのことなので当選のチャンスは十分にありそうです。

ネットでの当選報告を探してみたところSMBC日興証券で何度も当たったという情報も得ましたので可能性にかけてみたいです。

ただし、すぐに資金が用意できないのでマネックス証券の口座開設が落ち着いて資金移動もできてから次の口座に着手する予定。

SMBC日興証券の口座開設はもう少し先になりそうです。

2015年12月口座開設済み

 

SBI証券

ネット証券の中ではIPOの取扱いが非常に多いとのことなので最終的にはSBIの口座も作る予定です。

ネット配分は40~50%

抽選方式は70%は完全抽選ですが、申し込み株数が多い人に当たりやすい抽選方法なので、お金をたくさん入れている人の方が有利です。

あとの30%はIPOポイント抽選。

IPOチャレンジポイントという制度があり、

落選すれば1ポイントもらえて、このIPOチャレンジポイントを貯めていくと当選しやすくなっていくそうです。

◆SBI証券をもっと詳しく知りたいかたはこちらから

2015年12月口座開設済み

 

公開日:
最終更新日:2016/07/05